Posts tagged HDAWG

A fast and scalable approach to controlling 100 qubits and more – Webinar summary and Q&A

on 02.09.2020 at 19:22 by tobias on Blog of Tobias Thiele
On August 20, we talked about our fast and scalable approach to controlling 100 qubits and more. The webinar was recorded and is available on Demand here. In the first part of the webinar, we covered our fast approach and […]

Pseudo-random number generator in the run time of AWGs

on 08.11.2019 at 14:34 by claudius on Blog of Claudius Riek
This post discusses ways to generate noise signals within a well-defined frequency range, amplitude, defined distribution (white, Gaussian, etc.), and minimal correlation using Arbitrary Waveform Generators (AWG). Sample-by-sample programming of the waveform leads to very well-defined properties, but the signal […]

Are your parametric two-qubit gates limited by the driving AWG?

on 13.09.2019 at 14:39 by janb on Blog of Jan Benhelm
Noise PSD of Zurich Instruments HDAWG
No, is the short answer, if you are using a Zurich Instruments HDAWG. ? Here is why Parametrically modulated superconducting qubit gates (parametric gates) are usually accomplished by RF-modulation – typically several hundred MHz – of the flux through a […]

2nd Zurich Instruments Quantum User meeting London

on 03.12.2018 at 17:04 by Jelena on Blog of Jelena Trbovic
The 2nd Quantum Technology User Meeting is behind us and we are full of impressions and thankful to all the participants, especially our host Mark Buitelaar! The goal of the meeting was to foster networking among ZI Users & ZI friends […]

マルチチャネル任意波形ジェネレータ

on 20.12.2017 at 10:55 by Marco Brunner on Blog of Marco Brunner
製品 Zurich Instrumentsは、市場製品の中でも最高レベルのチャネル密度を実現し、トリガのレイテンシを最小限に抑えた任意波形ジェネレータであるHDAWGを発表します。HDAWGは4または8チャネル、いずれかの設定でお手元に届けられます。両方の設定において16ビットの出力およびチャネルあたり500MSamplesの信号キャッシュを実現します。最大サンプリング・レートは750MHzの信号帯域幅で2.4GSa/sで、各信号出力にはTTLマーカー出力とTTLトリガ入力が含まれます。さらに、複雑なビットパターンを作成し、読み取ることができる32ビットのデジタルI/Oが搭載されています。 説明 多くのチャネルが必要となる用途では、複数の機器を同期して集中的に制御することが可能です。HDAWGはブラウザベースのLabOneユーザーインターフェースや、MATLAB、LabView、Python、NET、Cで制御することができます。また、埋め込みのスクリプト言語とコンパイラを使用すれば、シーケンスを容易に書き込み、編集、コンパイルすることができます。取得されるシーケンスはリーンであり、1GbEまたはUSB3.0を介してスムーズに機器に転送することができます。そのため、時間を短縮してワークフローの効率を高めることができ、さらにユーザーは複雑な信号パターンの全体像を保守することが可能になります。 用途 HDAWGは、最小限のノイズでパルス信号のシーケンスを生成する量子計算での用途など、極めて厳しいR&D要件を満たすために開発されました。さらにNMR、電子部品試験、レーダー/ライダーなどの用途にも対応します。

Categories