Most Recent

Connect MFLI with External Signal Generator

on July 26, 2019 at 4:18 pm by Marco Brunner
This blog describes how to use an MFLI lock-in amplifier with an external reference frequency. The reference frequency comes from a signal generator Model 6221 from Keithley which is used to apply higher voltage pulses or sinusoidal signals on the […]

マルチチャネル任意波形ジェネレータ

on December 20, 2017 at 10:55 am by Marco Brunner
製品 Zurich Instrumentsは、市場製品の中でも最高レベルのチャネル密度を実現し、トリガのレイテンシを最小限に抑えた任意波形ジェネレータであるHDAWGを発表します。HDAWGは4または8チャネル、いずれかの設定でお手元に届けられます。両方の設定において16ビットの出力およびチャネルあたり500MSamplesの信号キャッシュを実現します。最大サンプリング・レートは750MHzの信号帯域幅で2.4GSa/sで、各信号出力にはTTLマーカー出力とTTLトリガ入力が含まれます。さらに、複雑なビットパターンを作成し、読み取ることができる32ビットのデジタルI/Oが搭載されています。 説明 多くのチャネルが必要となる用途では、複数の機器を同期して集中的に制御することが可能です。HDAWGはブラウザベースのLabOneユーザーインターフェースや、MATLAB、LabView、Python、NET、Cで制御することができます。また、埋め込みのスクリプト言語とコンパイラを使用すれば、シーケンスを容易に書き込み、編集、コンパイルすることができます。取得されるシーケンスはリーンであり、1GbEまたはUSB3.0を介してスムーズに機器に転送することができます。そのため、時間を短縮してワークフローの効率を高めることができ、さらにユーザーは複雑な信号パターンの全体像を保守することが可能になります。 用途 HDAWGは、最小限のノイズでパルス信号のシーケンスを生成する量子計算での用途など、極めて厳しいR&D要件を満たすために開発されました。さらにNMR、電子部品試験、レーダー/ライダーなどの用途にも対応します。

Protect Setup From High Voltage Peaks

on November 24, 2017 at 11:24 am by Marco Brunner
This blog describes how a setup can be protected from overvoltage which occurs switching off a coil. Fast changing currents induce transient voltages in an inductive load which can be expressed by the formula: V = – L (dI/dt) L is […]

Output Low-Frequency Sinusoidal Signal on the AUX Output of MFLI

on May 30, 2017 at 2:42 pm by Marco Brunner
  This blog shows how to output sinusoidal signals on the AUX Output with the MD multi-demodulator option. Keep in mind that the AUX output are not designed to output sinusoidal signals as the Signal Output.   Setup 1. On AUX […]

Low Noise Digitizer und Lock-in Verstärker

on July 29, 2016 at 1:27 pm by Marco Brunner
Zurich Instruments setzt mit der Digitizer Option für den MFLI Lock-in Verstärker einen neuen Meilenstein bei Messungen im mittleren und niedrigen Frequenzbereich. Strom- und Spannungssignale werden mit einer Abtastrate von 60 MSa/s und einer Signalbandbreite von 7 MHz digitalisiert. Aussergewöhnlich […]

Eddy Current Testing with MFLI Lock-In Amplifier

on August 5, 2015 at 12:07 pm by Marco Brunner
This blog describes a method to detect material defects. Eddy current measurements are used for non-destructive material testing (NDT). An alternating magnetic field is penetrating a sample. The material defect is detected by a phase shift. In the first part […]